雨も何のその! 初開催「庭木の手入れ・剪定講習会」

 

「松の剪定はこうして・・・」4班に分かれて剪定の実技を学びました

実技を終えて、庭木に関する日頃の疑問を質疑応答しました

町民の皆さんを対象にして、三川町シルバー人材センターが初めて開催する「庭木の手入れ・剪定講習会」が6月16日(日)、三川町福祉センターを会場にして行われました。

低気圧の通過により、少し雨に見舞われましたが、参加20名の皆さんは、松やツツジ、サツキ、もみじなど、庭木に応じて実際に剪定バサミやトリマーなどを使い、基本的な剪定方法を学びました。

実技の後の全体講習では、「庭木に肥料はどの位やるの?」「庭のもみじが枯れてしまった。その原因は?」「剪定した後の枝や葉を処分する一番いい方法は?」などなど・・・。日頃、疑問に思っていることが次々に質問され、講師役のシルバー会員が一つひとつ丁寧に答えました。

「来年も開催するの?」という質問もあり、「皆さんから多くのご要望があれば、ぜひ考えたい」と答えました。雨なんかどこへやら、最後まで熱気に満ちた講習会となりました。